研修案内

九州大学循環器内科の人材育成

九州大学循環器内科では、医療の発展に貢献できる人材を育成すべく、臨床研修、基礎研究、海外留学を通した重層的な研修体制を構築しています。

これから循環器内科医を目指す若手医師への教授からのメッセージをご覧ください。

医局長 日浅謙一

臨床研修

  • 医局員の多くは初期研修医終了後の卒後3年目に入局し、以後九州大学病院循環器内科および豊富な関連病院において2-3年の後期研修を行っています。循環器内科領域すべての疾患に対する考え方と診断・治療手技を習得することが目標となります。
  • 原則として全医局員が日本内科学会 総合内科専門医および日本循環器学会認定循環器専門医を取得します。新・専門医制度に対応し、卒後3年目の入局後に循環器領域を学びながら新・内科専門医を取得できるよう、当科関連病院で循環器内科および内科各領域の臨床研修を並行して進める研修体制を整えています。
  • 希望するその他の専門医(心血管インターベンション治療、不整脈など)を取得します。
  • また、より特化した臨床力を養うために、当科の幅広いネットワークを通じて国内他大学および医療施設において臨床研修(国内留学)を行うことが可能です。
  • 病棟回診では、入院患者さん全員を診察し、回診者と主治医を中心に病態と治療に関して議論します。

  • 心臓カテーテル検査カンファレンスでは、1週間に行われた検査結果を総覧します。

大学院

医局員の多くは後期研修医2-3年の後、すなわち卒後5-6年目から九州大学大学院医学研究院 循環器内科学の大学院生として、研究100%の生活を送ります。研究によって身につく、論理立てて考える力、データを客観的に読む力は、臨床医学にも役に立つ能力です。海外の学会での発表、論文発表を経て、学位を授与されることが大学院生活のゴールになります。

  • 臨床研修後の大学院では、基礎的な実験手技も新鮮に感じられます。

  • 研究成果の発表のため、海外の学会に参加するのも楽しみの一つです。医局の大先輩、Rutgers New Jersey Medical Schoolの佐渡島純一教授とともに。

海外留学

学位取得後、希望すれば国外の研究機関に留学(ポスドク研究員として勤務)することができます。研究や仕事に対する文化の違い、外国語での勤務を体験する事は、大きな財産になります。

平成28年4月時点の海外留学生
  • 武田宏太郎(平成8年卒、University of Connecticut Health Center)
  • 斎藤寿郎(平成16年卒、New Jersey Medical School Cardiovascular Research Institute)
  • 橋本亨(平成16年卒、Johns Hopkins Medical Institutions)
  • 香月俊輔(平成17年卒、Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School)
  • 香月俊輔(平成17年卒)の留学先、Harvard Medical SchoolのNew Research Building

  • Peter Libby教授(右端)とCenter for Excellence in Vascular Biology, Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical Schoolのメンバー