研修案内

教授からのメッセージ

循環器医としての将来と人生

筒井 裕之

はじめに

医師としてのキャリアには、臨床医、研究者、教育者や行政職などの選択肢があるが、循環器医として多くの人は、循環器臨床医を目指す。したがって、学生や若手医師にとって、どのような循環器臨床医になるかが、人生の大きなテーマである。

急性冠症候群、重症心不全、致死性不整脈などに代表される循環器疾患の最大の特徴は、救急医療およびイノベーションやデバイス治療などの高度医療である。インターベンションやデバイス治療などの高度かつ先進的治療においては、十分なトレーニングを積む必要がある。救急医療や高度医療は、患者が医師を最も必要と感じるときであり、医師にとってもその価値を最も発揮できる領域で、やりがいがある。

循環器医としては、循環器内科スペシャリストとしてのgeneral cardiologist や虚血性心疾患、心不全、不整脈、弁膜症、先天性心臓病などの専門領域の subspecialist、心エコーや画像診断などの検査、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)やアブレーションなどのインターベンション治療のスペシャリストなど、循環器臨床医といっても実に様々な選択肢がある。

何よりも「いい臨床医」を目指す

循環器医としてどのようなスペシャリストを選択するとしても、共通の目標は「いい臨床医」になることである。「いい臨床医」とは、必ずしも「多くの臨床を経験し、優れた技術を有している医師」ではない。医師にとって、検査や治療技術の習得が重要であることは、言うまでもないが、それらが医師としての最終目標ではない。むしろ、世の中の多くの人々が医師像として期待する「いい臨床医」とは、「基本的臨床能力が身についているのはもちろんであるが、患者・家族の立場に立って診断・治療を選択・実施し、ほかのスタッフとも円滑に業務を進めていくことのできる人間性に優れた医師」のことである。

臨床医としての人生のスタートである初期臨床研修や後期研修は、「いい臨床医」になるために極めて重要なステップである。研修においては、手技の習得ばかりに目を奪われるのではなく、循環器診療の基本である“客観的で精緻な観察、病態の論理的な把握、診療行為の効率的な計画と実施、その効果の科学的な検証”という一連のプロセスをしっかりと身につける必要がある。言い換えれば、“患者さんの訴えによく耳を傾け、注意深く身体所見を取り、患者さんのかかえる問題点を的確に見出し、必要な検査で、最もいい治療を受けていただく。そして、その結果を、真摯に分析し、その患者さん自身、さらには次の患者さんに生かしていく”ということである。臨床研修のなかにおいて、手技や技術の習得ばかりにとらわれ、このような臨床医として必要な基本をしっかりと身につけていかなければ、“腕にだけはやたら自信のある医療技術者”になってしまう。

なぜ研究をやる必要があるのか?

医学研究の目標は、疾病の病態解明と新たな治療の開発につながる基礎的・臨床的研究を推進し、それを実際の患者の診療に役立てていくことである。臨床医が、研究をやる理由は何であろうか。新たな知見を見出し、いい論文を書くに越したことはないが、優れた成果を出すことはあくまでも結果であって、研究をやる本質ではない。臨床医が日常の診療業務で多忙ななかでも研究に取り組むのは、臨床の立場からの研究は、診療の現場を知り尽くしている臨床医にしかできないからである。診療の現場には、われわれ臨床医しか持ち得ない視点に基づく研究課題が山積している。研究成果は最終的には患者さんの利益に結びつく。目の前の患者さんを救うことも重要であるが、広い視野に立ってより多くの患者さんを救える研究を進めることも重要である。

研究には臨床研究ばかりではなく、病態を解明する基礎研究や新たな治療法を創出する橋渡し研究や開発研究も含まれる。最初から、基礎研究者を目指す医師もいるが、physician scientist の多くは、このような研究を経験し研究者としてチャレンジするなかで生まれてくる。自分が基礎研究に向いているかは、実際にやってみるまでは自分でもわからないものである。

研究の目標は論文ではないというのと矛盾するようだが、研究の成果は必ず発表しなければならない。研究成果が公表されなければ、どんなに素晴らしい研究も患者の役には立てない。研究は学会で発表するだけではなく、英文雑誌に論文として発表してこそ真の「発表」である。研究を論文としてまとめることによって、研究の楽しさ、そして意義を体感するとともに、「いい臨床医」となって育っていくことができる。

メンターをみつける

若手医師にとって、一人前の医師になるというキャリアパスのなかで、メンターとの出会いは、かけがえのない財産となる。メンターとは良き助言者、指導者という意味である。ギリシア神話に登場する賢者「メントール」が語源とされるが、メントールはオデュッセウス王の助言者でもあり、王の息子テレマコスの指導者も務めたという。若手医師がメンターに期待する役割には、以下のようなものが考えられる。

  • 医師としてのキャリアモデルになる。
  • 医師としての成長過程のイメージを具体的に見せる。
  • 医師としての仕事に対する姿勢や考え方を教える。
  • 医師としての仕事の楽しさを教える。
  • 医師としてサポーターとなりチャンスを与える。

しかし、メンターの役割として基本的なことは、「人生の先輩」として、人としての生き方を示すことである。このような役割を果たすには、医師としての知識や経験が豊富であることはもちろんであるが、人間的な魅力があり、なんといっても信頼関係を築ける存在であることが重要である。

若手医師にとって、メンターとなる人の多くは指導医となる先輩である。研修医にとって、研修の実効性を上げ、能力を高めていく指導者の存在は極めて重要である。スポーツの世界では指導者のことをコーチとよぶが、コーチはおもに「技術面」で指導する人という意味である。若手医師にとって、コーチとともに必要なのは、メンターである。メンタリングの基盤はお互いの信頼関係であるため、臨床研修が必修化され、医局という「先輩・後輩の人間関係」が弱まった結果、メンターを見つけるのが難しい状況になっているように思われる。どんなに求めてもメンターにめぐり会えるかどうかは、残念ながらわからない。しかしながら、若手医師にはメンターを求めて先輩医師との出会いや絆の一つひとつを大切にしていただきたい。