研究グループ

Onco-Cardiology

当科での腫瘍循環器学(Onco-cardiology)の取り組み

本邦における死因の第一位はがんであり、約3人に1人ががんで死亡しています。さらには、がんに罹患する患者数は年々増加し、約2人に1人が一生のうちにがんと診断されています。その一方で、新規画像診断やバイオマーカーによるがんの早期発見、近年開発が進んでいる分子標的剤を中心とするがん化学療法や放射線治療の進歩などにより、がんの寛解率やがん患者の生存率は著明に改善しています。しかしながら、がん患者の予後の改善に寄与しているがん化学療法や放射線治療の副作用としての心血管障害が、治療継続を困難とさせ、場合によっては死に至ることもあるため、がん患者の生命予後や生活の質を決定する因子となり、問題となっています(図1)。

このようながん治療の急速な進歩と予期せぬ心血管副作用出現に対し、がん領域と循環器領域で診療科の垣根を越え、連携して診療にあたる腫瘍循環器学(Onco-cardiology)という新たな臨床研究領域が生まれ、世界的に急速に体制整備が進められています。このような状況の中、当院でも腫瘍専門医と循環器内科が協力して診療にあたる体制を進めています(図2)。

大谷規彰

  • 図1.がん化学療法が引き起こす心血管障害

  • 図2.九州大学病院における腫瘍循環器(Onco-cardiology)診療の流れ

主な研究プロジェクト

アントラサイクリン心毒性の実態

抗がん剤による心毒性に関する本邦のガイドラインは存在せず、増え続ける症例に対し、欧米のposition paperやガイドラインを参考に診療しています。本邦における診療の実態も不明な点が多く残されているのが現状です。本報告の臨床経過、治療法の現状は、今後増えるOnco-cardiology症例の参考になることが期待されます。

  1. Recovery from left ventricular dysfunction was associated with the early introduction of heart failure medical treatment in cancer patients with anthracycline-induced cardiotoxicity. Ohtani, K., Fujino, T., Ide, T. et al. Clin Res Cardiol (2018). https://doi.org/10.1007/s00392-018-1386-0

トラスツズマブ(ハーセプチン)心毒性の実態

本邦でも乳がん患者は増加してますが、それとともに問題となっている、トラスツズマブ(ハーセプチン)心毒性の実態については不明な点が多く残されているのが現状です。本報告の臨床経過、治療法の現状は、今後増えるOnco-cardiology症例の参考になることが期待されます。

  1. Cardioprotective effect of renin–angiotensin inhibitors and β-blockers in trastuzumab-related cardiotoxicity. Ohtani, K., Ide, T., Hiasa, K. et al. Clin Res Cardiol (2019). https://doi.org/10.1007/s00392-019-01448-4