研究グループ

高血圧・循環調節

高血圧・循環調節グループでは、高血圧や心不全の病態に大きく関わる神経体液性調節の基礎研究を多面的に行っています。特に、脳-末梢臓器連関の研究を通して、高血圧および心不全の発症・進展機序を解明し、調節系をターゲットにした新規治療開発を目指しています。

篠原啓介

主な研究プロジェクト

脳内レニン・アンジオテンシン系による循環制御に関する研究

高血圧および心不全の発症・進展に交感神経活動亢進が重要な役割を果たしています。レニン・アンジオテンシン系は脳内にも存在し、循環調節に関わる脳神経核のAT1受容体の活性化によって交感神経活動亢進が引き起こされます。我々は、高血圧、高血圧性心臓病、心不全における末梢(心臓や循環血液)と脳内レニン・アンジオテンシン系との連関に着目し循環制御研究を進めています。

  1. Shinohara K, Nakagawa P, Gomez J, Morgan DA, Littlejohn NK, Folchert MD, Weidemann BJ, Liu X, Walsh SA, Ponto LL, Rahmouni K, Grobe JL, Sigmund CD. Selective deletion of renin-b in the brain alters drinking and metabolism. Hypertension. 70(5):990-997, 2017.
  2. Shinohara K, Liu X, Morgan DA, Davis DR, Sequeira-Lopez ML, Cassell MD, Grobe JL, Rahmouni K, Sigmund CD. Selective deletion of the brain-specific isoform of renin causes neurogenic hypertension. Hypertension. 68(6):1385-92, 2016.
  3. Shinohara K, Kishi T, Hirooka Y, Sunagawa K. Circulating angiotensin II deteriorates left ventricular function with sympathoexcitation via brain angiotensin II receptor.Physiol Rep.3(8): e12514, 2015.

心肥大における心脳連関を介した交感神経活性化機序に関する研究

心肥大の進行と交感神経出力増加は相関しており、交感神経出力の増加が主に心臓βアドレナリン受容体刺激を介して心肥大をもたらすことはよく知られていますが、心肥大において交感神経出力が増加する機序は解明されていません。我々は心臓求心性交感神経ならびにその入力を受ける脳での交感神経出力調節に着目し、心肥大における心脳連関を介した交感神経活性化機序の解明を行っています。

 

  1. Shibata R, Shinohara K, Hirooka Y, Tsutsui H. Increased BDNF in NTS by activation of cardiac afferent nerves is involved in sympathoexcitation in pressure overload-induced cardiac hypertrophy. The 21stAnnual Scientific Meeting of the Japanese Heart Failure Society, 2017.

高血圧の発症・進展における脳血管周囲マクロファージの役割に関する研究

高血圧の患者・モデル動物において血中の炎症性サイトカインが上昇しており、高血圧と全身慢性炎症の関連が示唆されています。血液脳関門に存在する脳血管周囲マクロファージは、血中サイトカインをモニターし脳実質へ末梢の炎症情報を伝達することで神経体液性因子の活性化を引き起こします。我々は脳血管周囲マクロファージが交感神経活性化を介した高血圧症の発症・進展に寄与するかどうかを解析しています。

 

  1. Iyonaga T, Shinohara K, Hirooka Y, Tsutsui H.Brain perivascular macrophages contribute to the development of hypertension in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. The 82ndAnnual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2018.

妊娠高血圧腎症の既往と食塩感受性に関する研究

妊娠高血圧腎症の妊娠中における血圧上昇は出産後に正常化するにもかかわらず、妊娠高血圧腎症の既往は将来の高血圧および心血管疾患発症のリスクを高めます。本症の既往女性は食塩感受性が亢進していますが、その機序は不明です。我々は妊娠高血圧腎症モデルを用いて、出産後における神経体液性因子による循環調節機序の解明に取り組んでいます。

 

  1. Matsuura T, Shinohara K, Hirooka Y, Tsutsui H.Preeclampsia induces acquired salt-sensitivity and increased vasopressin secretion in postpartum.The 82ndAnnual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2018.