診療グループ

不整脈

当科の不整脈診療は経験豊富な専門医による的確な診断のもと、最適化された薬物治療を行うことはもちろん、カテーテルアブレーション、ペースメーカー、植込み型除細動器、両心室ペースメーカーなどの高度な治療法を幅広く手がけています。最適な治療法を選択し、難治性不整脈の克服と患者様の病状改善のため注力しています。

不整脈グループ 坂本和生

カテーテルアブレーション

年間アブレーション診療実績

心臓の中に挿入したカテーテルの先端から高周波通電を行い、不整脈の原因になっている異常組織を焼灼して治療するのがカテーテルアブレーションです。種々の頻脈性不整脈(脈が異常に速くなる不整脈)の治療に劇的な効果を上げています。当科では、あらゆる頻脈性不整脈のカテーテルアブレーションを手がけ、治療実績は1500例以上となり、良好な治療成績を納めております。

心房細動のカテーテルアブレーション

近年、心房細動のカテーテルアブレーション技術が日進月歩であり、その恩恵を受ける患者さんが増えています。心房細動では、左房と肺静脈の境界における異常な電気活動が発症維持に関与しています。そこで、左房と肺静脈の電気的交通を遮断する肺静脈隔離術が大変有効です。左心房にカテーテルを進め、肺静脈前庭部において円周状の通電を行い、電気的な肺静脈隔離を行います。

  • 術中透視像

  • CT 左房後画像

  • 肺静脈電位の消失

  • 3次元ナビゲーション(CARTOシステム)下の肺静脈隔離術

心房細動アブレーションの術後成績

術後1年時点(複数施術含む)の有効率

当科における手技中の両側肺静脈隔離の完成はほぼ100%で得られます。しかし、心房細動は隔離ラインの再伝導や非肺静脈起源の発火等により再発し、追加治療を要する可能性が残ります。左に当科における心房細動アブレーションの遠隔期成績を示します。1-2割の方が複数回の施術を要しますが、ほとんどの方が非再発か著効が得られ、改善が乏しい方はごく少数です。国内主要施設の手術成績をまとめたJ-CARAF研究 (Circ J 2014)に比しても高い有効性および安全性を確保しています。特に持続性・慢性心房細動では根治は困難なこともありますが、そのような場合は少量の抗不整脈薬を継続するなどhybrid治療により、高い洞調律維持効果、臨床像の改善が得られます。しかしながら心房細動は左心房の拡大・変性に伴って難治化していく進行性の病態であり、持続慢性化や左心房の拡大を来さない時期にカテーテルアブレーションを行うのが治療効果、根治性も高く、理想的であると考えています。

 

最新のバルーンテクノロジー

  • 肺静脈隔離に成果を上げているクライオ(冷凍)バルーン

近年、肺静脈隔離のための有効な方法としてバルーンテクノロジー(クライオバルーンおよびホットバルーン)が注目されています。当科ではこうした最新のツールも臨床応用しており、治療成績の改善に役立てています。

世界最小1cc「リードレスペースメーカー」

2017年9月より国内にて保険収載 された、「リードレスペースメーカ」の使用が始まりました。従来のペースメーカは、鎖骨付近にポケットを作って埋め込み、静脈経由でリード線と心臓をつなぐことが必要でした。このリードレスペースメーカは、見た目は薬のカプセルのようで、重さ1.75g、容積1cm3と従来の1/12程度の大きさです。

詳細はこちら

ご来院に際して

左から、河合・向井・井上

ご紹介・ご来院にあたっては、不整脈のためにお困りでなんとかしたい、積極的に治療を考えたい、一度カテーテルアブレーションの詳しい話を聞いてみたい、といった患者さんであればどなたでもお話からはじめさせていただきます。アブレーション等の治療を受けていただくかどうかは、治療の実際を十分にお話しご納得いただいた上で、患者さんと共に決定致します。メールやFAXでの心電図、症例相談等も喜んでお受け致します。