循環器内科について

教室の歴史

教室の歴史

九州大学循環器内科は昭和33年(1958年)に創立された九州大学医学部 心臓血管研究施設(Research Institute of Angiocardiology, Kyushu University Faculty of Medicine)を礎とし、「循環器内科」としては日本初となる昭和40年(1965年)の診療部門(九州大学医学部付属病院 循環器内科)併設、現国立大学法人九州大学の組織改編を経て現在の九州大学大学院医学研究院 循環器内科学および九州大学病院 循環器内科の組織に至っています。

以下の文章は九州大学医学部 心臓血管研究施設創立50周年を記念して平成20年(2008年)に発行された記念誌にまとめられたものを掲載しており、一部時制が異なることにご留意ください。

平成28年4月 広報担当 的場哲哉

はじめに

九州大学医学部に心臓血管研究施設が設立されたのは、昭和33年4月のことであった。その当時は現在のような臓器別専門診療科といった考えの乏しい時代であった。ことに、心臓血管系の専門、いわゆる循環器専門という点では日本国内を見渡しても、それを専門とする研究施設がまだなかった時代である。そのような中、この九州大学医学部に全国の医学部に先駆けて、この心臓血管研究施設が設けられたのには以下の様な理由があったように思われる。

  1. それまでの九州大学医学部には、わが国にいち早く心電計を輸入し臨床に応用された稲田龍吉教授、呉建教授、日本循環器学会の創立の労をとられた金子廉次郎教授、特殊刺激伝導系を発見された田原淳教授、循環器生理や薬理の研究で名高い石原国・操坦道・福田得志の各教授を輩出し、循環器学に関する研究が伝統的に発展していたこと。
  2. ベクトル心電図の研究を進めていた元久留米大学木村教授(当時の第一内科助教授)を中心とした臨床生理研究室に昭和27年より毎年100万円の研究費が文部省より支給されていたこと。

などが考えられる。

開設と同時に当時の医学部長遠城寺宗徳教授が施設長を併任され、直接開設の労をとられた第一内科山岡憲二教授が施設の初代教授として併任された。その後、天児民和、宮崎一郎各歴代医学部長が施設長を併任されると共に、循環器学に関連の深い基礎と臨床の多数の教授が併任教授として、心臓血管研究施設の発展と円滑な運営の為に力を注がれた。そして、昭和38年に中村元臣先生が初代専任教授に就任された。

中村元臣教授時代

中村元臣教授の時代、研究は当初、実行可能なものということが第一の条件であったが各方面からの援助、特に生命保険協会、米国公衆衛生局(NIH)、米国ハーバード大学、米国ロックフェラー財団、三島海運記念財団等よりの援助により徐々に人も物も整えられていった。このころは、教授1名、助教授1名、助手2名の計4名のみの小所帯の教室であった。開設当時の心臓血管研究施設の状況をふりかえって、中村教授は『当初は何もなかった研究室』あるいは『第一内科教室に間借りしていた』と表現されている。

その後、研究施設の設備、人の拡充をはかっている間に5年少々が過ぎていった。心臓血管研究施設開設当初は研究のみを行う施設であったが、ベッドサイドリサーチの重要性から診療科併設に向けて中村教授をはじめとして多くの先輩方が力を注がれた。そしてついに昭和40年4月よりベッド21床、講師1名、助手3名の定員が認められ、診療部門、いわゆる循環器内科を併せ持つに至ったのである。創設当時の循環器内科病棟は現在の医療技術短期大学のある場所にあった旧内科病棟の北2病棟であった。そして、翌昭和41年4月に学生ベッドサイド教育が始まった。ここに、九州大学医学部附属心臓血管研究施設は臨床診療科循環器内科も併せて診療、研究、教育を行う体制が始まったわけである。更に昭和42年には診療科としての循環器内科に研修医の受け入れを開始した。当時は日本が戦後の荒廃のなかから復興し、ようやく神武景気の時代に入っていくころであり、時を同じくして心血管研究施設、循環器内科は研究、臨床、教育の環境ともようやく体制を整え、これから一層の飛躍を、というような状況であった。しかしながら、昭和42年末より大学紛争に入り、昭和50年代に入るまで研究を中断せざるを得ないような時代も経てきた。

そのようななかで昭和48年には心臓血管研究施設外科部門とその診療科として心臓外科が開設され、昭和49年からは徳永皓一先生が初代専任教授になられた。昭和54年10月には関連する施設として冠動脈疾患治療部(いわゆるCoronary Care Unit:CCU)が中央診療部門として九州大学医学部附属病院に新設され循環器疾患の救急医療に対応していく体制となった。当時、全国の国立大学でCCUを整備したところはなく、全国に先駆けての誕生であった。更に昭和62年8月には心臓血管研究施設臨床細胞科学部門が開設され、昭和63年に金出英夫先生が初代専任教授に就任された。これにより、心臓血管研究施設は、内科部門、外科部門および基礎研究部門を併せ持つ、心血管病に対する総合的な診療・研究施設になるに至った。

中村教授は当初、血管壁代謝、心筋代謝の研究を精力的に行われ、動脈硬化の成因、冠循環、ことに冠動脈スパスムモデルの開発にエネルギーを集中された。優れた研究業績は国内外で認められてきた。また、中村教授の下、心臓血管研究施設の創成期に多大な貢献をされた森博愛徳島大学第二内科教授のほか、ヒトアンギオテンシノーゲンを単離しその構造を初めて明らかにした荒川規矩男福岡大学第二内科教授、心電図を中心とする臨床研究を展開された黒岩昭夫産業医科大学第二内科教授、九州大学医学部に新設された医療情報部教授として野瀬善明先生など多くの人材が当教室から輩出していった。

竹下彰教授時代

その後、平成2年9月1日には竹下彰先生が第二代の専任教授となられ、本教室は新たな時代へと移り変わっていくことになる。

平成12年度からは九州大学大学院重点化構想の流れの中で、心臓血管研究施設は教官の所属する九州大学大学院医学研究院と学生の所属する九州大学大学院医学系学府臓器機能医学講座と名称を改め現在にいたっている。平成13年度12月31日現在、教授1名、助教授1名、講師3(うちCCU講師1)名、助手5うち(学部助手1、CCU助手1)名の教官の他、大学内の医局員は60名を超える大所帯である。それぞれ医局員が一丸となって診療、研究のみならず医学部生や大学院生の教育に従事するに至っている。

研究面では、竹下教授の間にも数多くの研究がなされた。冠動脈攣縮に関する研究の他、心筋血流と心機能の関係を発展させるような研究を行ってきた友池仁暢山形大学医学部第一内科教授(平成13年6月からは国立循環器病センター病院長)、ヒトの血管内皮の働きを臨床的側面から研究した今泉勉久留米大学医学部第三内科教授、Computer Science Technology、特にシステム理論を用いて心臓の収縮弛緩能力と末梢血管との適合性を研究し、心不全の病態を明らかにしてきた砂川賢二国立循環器病センター循環動態機能部部長、平成8年に産業医科大学第二内科の黒岩昭夫教授の後を引き継ぎ、高脂血症が専門の中島康秀教授、アデノウイルスベクターを用いて世界に先駆けて血管壁に遺伝子導入をおこない虚血性心疾患治療の新展開を拓いた、上野光産業医科大学生化学講座教授、ランダム・エクセサイズ法という心筋虚血や、心予備能を判定できる方法を開発した樗木晶子九州大学医療技術短期大学看護学科生理学教室教授はじめ数多くの研究者に恵まれ自由な発想のもと研究は大きく実を結んだ。

平成14年には、冠動脈スパスム、EDHF、冠動脈疾患遺伝子治療を下川宏明助教授らが、炎症免疫制御にターゲットをおいた遺伝子治療、治療的血管新生療法を江頭健輔講師らが、微小血管スパスムなどのヒトにおける冠循環の研究を毛利正博講師や平川洋次助手らが、心不全における活性酸素腫の役割を筒井裕之講師らが、遺伝子導入を用いた中枢性循環調節研究を廣岡良隆助手らが、ヒトおよび動物モデルの循環器疾患のゲノム学的研究を小池城司助手らが、平滑筋細胞を用いてレニン・アンギオテンシン系の研究を市來俊弘助手らが、遺伝子操作動物を用いて心不全におけるサイトカインの働きに関する研究を久保田徹助手らが行った。

砂川賢二教授時代

そして平成16年4月より、国立循環器病センター研究所部長を11年勤めた砂川賢二が、第3代専任教授に就任するため古巣に戻ってきた。また、同年9月には筒井裕之講師が北海道大学大学院医学研究員循環病態内科学教授として、翌年7月には下川宏明助教授が東北大学医学部循環器内科教授として輩出された。

砂川が着任してから、九州大学循環器内科はこれまでにない強力な体制作りの幕開けとなった。平成14年に九州大学医学部附属病院新病棟開院しCCUが10床に増強されたのを機に、はじめは内科北2病棟20床から始まった九州大学医学部循環器内科も、現在では35床に成長した。循環器内科・冠動脈疾患治療部に関しても、平成18年4月学内の循環器専門教室(循環器内科、心臓外科、第一内科)が一体となった九州初となる心臓病専門施設・ハートセンターが発足、病床数は64、心臓カテーテル検査室が2室に増えた。また、8月に立ち上がった救命救急センターにはCCU10床が含まれ、循環器救急医療が24時間対応で治療を行えるようになり、これまで以上に強力な体制がとれるようになった。さらに、平成19年度は、10年ぶりにPTMC(経皮的交連切開術)を施行し、ロータブレータやエキシマレーザによるPCIを開始し、ハートセンターでの心血管インターベンション数が初めて200例を超える結果となった。カテーテルアブレーション(CARTO, EnSite)においては最先端の不整脈治療を行えるようになった。診断から治療まで迅速かつ高品位な医療の実現に向けて日々努力している。

平成19年現在、各主任が率いる5つの研究室で、大学院生、研究生、および医員らが研究に携わっている。「循環の神経制御システムに介入するバイオニック心臓学の研究」を砂川教授が、「動脈硬化性疾患の分子病態解明を基盤とする分子細胞標的治療法の創製と臨床応用」を 江頭准教授が、「循環生理活性物質による血圧調節・交感神経制御の分子機構の解明」を講師廣岡が 、「心不全の成因、治療に関する研究」を助手井手が行っている。また、今年度より新たに寄附講座として「先端心血管治療学講座」が開設され、主任研究者として市来俊弘准教授が就任し、主に「アンジオテンシンIIの血管への作用の分子機構と、アンジオテンシンII受容体の発現調節機構」について掘り下げた研究を行っている。教室全体として、分子生物学から細胞生物学、生理学そして臨床研究と幅広い循環器内科医学の研究を網羅していることを生かし、社会に貢献できる研究開発を推し進めている。

また、関連病院も、現在では総合病院だけでも飯塚病院、大分県立病院、北九州市立医療センター、九州厚生年金病院、国立九州医療センター、済生会福岡総合病院、済生会二日市病院、佐賀県立病院好生館、新小倉病院、聖マリア病院、浜の町病院、原三信病院、広島赤十字病院、福岡市民病院、福岡赤十字病院、松山赤十字病院、山口赤十字病院(アイウエオ順)など多方面にわたり広がり、増え続ける循環器疾患に対するそれぞれの地域で要望に応えている。さらには、菊池裕先生が九州厚生年金病院院長として、平祐二先生が原三信病院院長として、岡松秀一先生が飯塚病院副院長として、小柳左門先生が都城病院院長として、友池仁暢先生が国立循環器病センター院長として、福山尚哉先生が新古賀病院院長として、折田泰彦先生が福岡亀山栄光病院院長として、酒井照夫先生が香椎原病院院長として、地域の基幹病院での要職に就かれて活躍されている。それ以外にも、多くの同門がそれぞれ循環器専門医として活躍している。歴史の長い九州大学においては比較的歴史の浅い診療科ではあるが医局員は既に370名をこえる所帯とまで成長し教室としては、たえず前進してきたと言えよう。

まとめ

循環器疾患は、悪性腫瘍と並んで現代の我が国における死因の最も主要な疾患である。死因統計によってもわが国の約半数近い人の死因が心臓血管病であることからそれに対する臨床実地における診療の重要性は言うまでもない。各種循環器疾患(虚血性心疾患、心不全、高血圧・高血圧性心臓病、不整脈、心筋症、大血管動脈瘤、先天性心疾患、心臓弁膜症、心筋炎など)や、循環器疾患に非常に密接な関わりをもつ高脂血症、糖尿病などを広く診療の対象としてきた。心電計を輸入して臨床応用を開始したところから始まった九州大学の心臓研究の歴史から考えると隔世の感である。

これまでの本教室での研修体制は、卒後最初の2年間は研修医として一般臨床研修を受け、その後の3~4年間で大学院生ないしは研究生として基礎研究の研鑚を積み、その後数年で循環器専門医として心カテ、エコー等のトレーニングを受け、場合によっては海外への留学により人間としての視野も広げるものであった。前述のように、これまでに数多くの世界に名だたる研究者を、また地域医療に密着した臨床医を数多く生み出してきた実績から、本教室での研修体制は完成の域にあることを証明するものといっても過言ではないと考える。また、それによりこれまでに循環器領域における研究や地域医療に大きく貢献してきたと言えると信じると同時に、これからもそうあり続けたいと念じる。

さらに、本教室がここまでこれたのは、白水ウタエ婦長、杉村春子婦長、西村照子婦長、吉田由美子婦長、東了婦長および濱田正美師長に率いられた多くの看護婦さん方、多くの研究補佐員や事務補佐員の方々の支えがあったことを忘れてはならない。2008年は心臓血管研究施設が50周年を迎えるにあたり、開設以来、菲才の私共を絶えずご鞭撻くださり、ご芳情とご援助をいただいた他科諸先生方、恩師、先輩、同僚、同門会、その他各方面の方々の支えなくしては今の心臓血管研究施設はありえなかったものと感謝の意を表し、本文を終えたい。