診療案内

入院(患者さん向け)

循環器内科 入院について

  • 循環器内科は狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全、心筋症、弁膜症、高血圧症、肺高血圧症、大動脈疾患など、循環器(心臓・血管)疾患の診療を専門としています。
  • 開業医の先生方による御紹介(病診連携)やご自身で外来受診された方のうち、入院精査・治療が必要な方、高度医療のため転院搬送された方(病病連携)、および救急救命センターから緊急入院された方が入院され、入院が必要な高度な検査やカテーテルを使った介入治療(カテーテルインターベンション)、植え込み型医療機器、理学療法(心臓リハビリテーション)などを組み合わせて診療を行います。
  • 循環器内科は九州大学病院北棟3階ハートセンター29床および病院南棟3階冠動脈疾患治療部(CCU) 10床で入院診療を行っています。
  • 入院診療は、主治医が中心となり担当指導医や疾患グループ専門医と協力して診療にあたります。夜間・休日など、主治医が不在の時には2名の当直医師が診療をおこないます。看護師は1日3交代または2交代で勤務しています。
  • 退院時には療養計画を作成し、紹介元の医療施設との連携の下で外来治療に移行します。病気の性質上、必要と判断された方は当科外来に通院いただきます。
  • 優れた専門知識や技術を持った医療系スタッフが連携し、診断から治療まで、24時間態勢で、迅速かつ高品位な医療の実現を目指しています。

病棟医長 阿部弘太郎

入院予約から入院日まで

外来において入院予約をされた方には、後日、循環器内科病棟医長(病棟医長秘書)から、入院の日時を電話などでお知らせいたします。その時点で入院日の最終調整をさせていただきます。

入院待機中の病状の悪化など、日程の変更が必要な場合は、病棟医長または病棟医長秘書まで直接ご連絡ください。

循環器内科(ハートセンター)病棟
092-642-5368
病棟医長(病棟医長秘書)

入院日の注意

入院当日は、朝10時までに病院北棟2階エレベーターホール前『入退院窓口』で入院手続きをお済ませください。その後、北棟3階ハートセンターまでお越しください。

入院時に提出する書類

  • 入院誓約書・保険証・診察券(プラスチック製カード)
  • 各種受給者証(老人・身障者・乳児・母子・原爆・特定疾患等)
  • 退院証明書(直近3ヶ月以内に他の病院に入院歴がある場合)

病室では

循環器内科病床は北棟3階ハートセンターに集中しており、4人部屋が標準です。ベッド、床頭台、カード式テレビ、いすなどを備えています。個室や2人室の差額室(有料)もあります。ご希望の方は医師または看護師にお申し出ください。

  • 歩行訓練

  • 浴室

特別室D(各階に設置)

広さ/22 m2
料金/(1日当たり・税込) 6,300円
室内設備/トイレ、シャワー、テレビ(有料)、冷蔵庫(有料)

特別室Dはシャワー室を備えていますが、入浴をご希望の方は各階共用部分に設けている、共同浴室をご利用ください。床頭台にはセーフティボックス(鍵付き引出し)、カード式のテレビと冷蔵庫を備えています。

  • 病室(特別室D)

  • (左)トイレ (右)シャワー室

  • (左)洗面台 (右)セーフティボックスと冷蔵庫

入院に必要な物

●洗面、洗髪用具
歯ブラシ、石鹸、シャンプー、くし、ひげそり、洗面器など
●食事の時に使うもの
はし、スプーン、湯のみなど
●衣類、その他
下着、病衣(ねまき)、履き物(すべらないもの、ヒールは低めのもの、履き慣れたもの)、タオル、ティッシュペーパー、筆記具、洗濯用洗剤など。

※病衣(ねまき)は、1日70円で貸出しています。(夏は週3回、冬は週2回、または汚れたらその都度、交換を行っています)。
※以上の日用品は、院内の売店でもお求めになれます。持ち物には、必ず名前をお書きください。

お食事

病院普通食一例

  • ハートセンターでは、食事制限が多い心疾患の方でも病院食を楽しんでいただくため、食材では冷凍物を一切使用せず旬の食材,国産品の使用に注意を払っています。また、一部の食事より食器はすべて伊万里焼等の陶器に変更中です。常に病棟スタッフ及び主治医との連携を密にすることで、最適な食事箋・献立の作成にあたっています。
  • 朝食は8時頃、昼食は12時頃、夕食は18時頃に用意します。
  • 主治医の指示により、病状に応じた食事(一般食・小児食・特別食(心臓病食、高血圧食、糖尿病食・腎臓病食など))が用意されますので、その他の飲食は主治医の指示に従ってください。
  • 一般食の方は、メニューの選択が出来ます。病棟の掲示板に申し込み方法と献立表を掲示していますので、ご希望の方は毎日13時までにお申し込みください。
  • 診療上の必要によって、食事ができない場合や、検査などでお待ちいただくこともあります。医師または看護師の指示に従ってください。
  • 入院中の栄養管理のサポートは、NST(栄養サポートチーム)が行っています。

付添い

入院中の付添いはできません。ただし、病状によっては医師の許可を受けて、ご家族の方が付添うことはできます。なお、患者さんの負担による付添看護は認めていませんので、ご了承ください。

※詳しい入院に関する情報は、九州大学病院の入院のご案内をご覧下さい。